自覚症状がなくても進行する高血圧

日本では4人に1人は高血圧になっているといわれるほど加齢になると発症率は高くなる病気です。
高血圧は、別名「サイレント・キラー」と呼ばれるように、適正数値を超えたからと言って明確な自覚症状が必ず現れるというわけではなく、自分が気づかないうちに血管を劣化させ脳溢血や心筋梗塞になりやすい状態を作っているかもしれないので厄介な病気です。

自覚症状が少ない高血圧症ですが、頭痛や動悸、耳鳴り、肩こり、しびれ、めまいなどの症状を感じた場合は、早急に治療を開始するべきでしょう。

予防はなんと言っても定期的な健康診断を受けることです。

高血圧を発症すると糖尿病・高脂血症・肥満などの病気のかかえていることがあるからです。
これらの病気が重なるとさらに脳梗塞や心筋梗塞などの病気の発症率を高める怖い病気です。
血圧が高いなーくらいで終わらせず適正な数値に戻す努力や高血圧の治療も大事になってきます。
また、高血圧が気になっているという方は生活改善も合わせて心がけましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ