高血圧の人の適正な摂取カロリーとは?

日本人の三人に一人が高血圧を患う時代。
肥満やストレス、運動不足などが高血圧の一因とされています。
身近な人にも、減塩やダイエットに励んでいる人が多いのではないでしょうか。

そもそも高血圧の人のカロリーの適正数値は一体いくらなんでしょうか。

その前に、まず、肥満と高血圧は大きく関係しています。当然肥満度が高ければ高いほど血圧も高くなります。
ですから、肥満度を知るためにも、まずは自分のBMIを調べてみましょう。
BMI値は 体重kg ÷ (身長m)2 で出せます。

それから、身長(m)×身長(m)×22×生活活動レベル(kcal)=適正なエネルギー摂取量(kcal)で適正なカロリーが出ます。
生活活動レベルの目安(体重1kgあたり)は以下の通りです。
 ・デスクワークが主な人・主婦などの軽労作なら:25~30kcal
 ・立ち仕事が多い職業普通の労作なら:30~35kcal
 ・力仕事の多い職業重い労作なら:35kcal~

自分の体重が適正値なのか、日頃の摂取カロリーがどのくらいなのかを知って、効率的、論理的に、かつ楽しくダイエットしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ