高血圧がもたらす動脈硬化のリスク

1つの要因だけで動脈硬化をもたらすことはありません。
・高コレステロール血症
・加齢
・喫煙
・肥満
・HDL血症
・糖尿病
・高血圧

など様々な要因が重なりあい、動脈硬化という血管の劣化という症状をもたらします

よって、高血圧だからといって必ずしも動脈硬化になりやすいという訳ではありません。
例えば、高血圧以外はいたって平均値で健康ということであれば、動脈硬化の要因が薄れることになります。

ただ、高血圧の場合は、物理的な負荷が血管にもたらされます。
常に、高い圧力が血液を流すために血管の負荷としてかかっているということです。

だから、今は、若くて高血圧であっても血管が耐えられているとしても加齢とともに、血管の圧力が負担となり
加齢+高血圧による要因で若い時より動脈硬化になるリスクが高まるということになります。

動脈硬化は様々な病気をもたらす要因よなりますので血圧が高いと病気のリスクを高めることになります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ