家族性コレステロール血症は早期治療が有効

家族性コレステロール血症は遺伝する可能性が高いので、子供でさえも検査を受けておき、家族性コレステロール血症の診断基準を元に予防を行うことが大事です。

何故なら、家族性コレステロール血症は確実に動脈硬化をおこしてくる危険性の高い病気だからです。
ただ、危険性が大きいだけに早期に予防を行えば動脈効果の発症を抑えることも可能です。

だからこそ、年齢に関係なく、遺伝的な要因がある場合には診断を受けることをおすすめします。
しかも、検査は1回だけで家族性コレステロール血症の因子があるかないかわかります。

家族性コレステロール血症の因子があるとわかったならば、子供の頃から、低脂肪・低コレステロール食を摂ることを習慣にし、運動を心がけるだけで動脈硬化の発症率を下げることができるのです。
また、喫煙の習慣を持つ患児に対しての禁煙指導をすることはもちろんのこと、生涯にわたって喫煙を避けることを指導し、受動喫煙のリスクを説明し、家族に対しても禁煙の指導を行います。
将来の命にかかわるリスクを少しでも減らすために、食事や運動、減量や禁煙など、できるところから始めて見ましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ